過払い金を法的手段で取り返す

subpage01

貸金業者からお金を借りた際には、その返済に伴って過払い金が生じていないかをしっかりと確認しなくてはいけません。

過払い金というのは、お金を借りていた債務者が債権者に対して必要以上にお金を返しすぎてしまう現象のことを言います。

そもそも、なぜこのような現象が起きるのでしょうか。

杉山事務所の特徴を紹介するサイトです。

融資の契約は、お互いの同意によって成り立っています。


しかし、その契約の中に間違った法的根拠が存在するとその契約はまともに機能しなくなります。
過払い金もその一つで、利息に関する法律上の誤りから生じてしまうものなのです。



元々、貸金業者からお金を借りるときには利息に関する法律は二つ存在するというおかしな現象がありました。


さらにおかしなことに、この利息に関する二つの法律には上限金利の違いがあったのです。


上限金利が高いほうがより利息を支払わなくてはいけませんが、貸金業者としては高く設定できる法律の方がより大きな利益を得ることが出来るため、好んでそちらの法律を利用しました。
これによって、上限金利の差の部分で過払いが生まれてしまったのです。
現在では、法改正が進められたことによってこうした上限金利の違いによる過払いは許されていません。

実際に行った貸金業者は利息をつけて債務者に全額お金を返還しなくてはいけないため、かなり債務者有利の状況で法的手段を進めることが出来ます。

一度貸金業者にお金を借りた人はこのような支払いがなかったかを調べておくことが賢明です。